国産オーガニックアロマ・化粧品原料販売
Home甘夏とネロリ花摘みツアー
primi sui motori con e-max.it
花摘みツアー

青い空と青い海に囲まれた初夏の水俣地域は甘夏ミカンの花香る季節です。  海岸に沿って広がるミカン畑は天然のアロマサロン。  心と体を癒されに水俣においでください。

弊社では、ネロリの原料となる甘夏ミカンの「花」の開花時期に合わせて、ジャパニーズネロリの自然の香りを多くの方に知っていただきたいと、4月下旬から5月上旬に毎年「花摘みツアー」を企画しております。

過去の花摘みツアーはこちら


    http://www.neroli-hana.com/hpgen/HPB/categories/8325.html

  今年のツアー日程は漸次掲載いたします。

「甘夏ネロリ花摘みツー2016」のご報告

2016年5月3日4日の1泊2日の日程で、「甘夏ネロリ花摘みツアー2016」を実施しました。

直前の熊本地震のため、参加者は予約の92名から34名へと激減し、2日目の日程を、避難所でのアロマボランティアに変更して実施し、熊本県産オーガニックネロリをはじめ、日本産アロマの芳香と効能を実感する、充実した内容となりました。

詳しいプログラム内容は次のブログでご覧ください。(長いため、3ページに分かれています。)

その1、 その2、 その3

甘夏ネロリ花摘みツアー2016

今年も 甘夏ネロリ花摘みツアー を 5月3日4日 に開催します。

今年はたくさんのご要望に応えて、宿泊ツアー も準備いたしました。

3日恒例のネロリの香りに包まれる 花摘みツアー に加えて、

4日も 国産アロマの伝道師 稲本正 と九州照葉樹林を歩く 森のアロマ堪能ツアー を開催します。

宿泊は、せせらぎと美肌湯で有名な 湯の鶴温泉。 もちろん、3日の日帰りツアーのみのご参加も歓迎です。

webサイトからのお申し込みはこちらからお願いします。

癒しのアロマ香る水俣へ この機会にぜひおいでください。

美しい自然と香りに包まれたネロリ体験レポートその3

甘夏の花

手にとった花は、それぞれが命の元となる自然の恵みだと感じました。

ここで少し森田さんに質問しました。

 「こうやって摘花して、その後、みかんは実をつけることが出来るんですか?」

 「勿論です。見ていただければお分かりの通り、これだけ沢山の花が咲くために、とってもとっても取りきれない位です。ですから、摘花した後も普通のみかんの栽培が出来るのです。」

それはまるで、究極のエコシステムです。花はネロリに実は果実として両方が利用できるなんてなんて素敵なことでしょう。きっと私達が知っている自然の恵みは、ほんの一部分です。すでに自然から沢山の恩恵を受けている私達ですが、こうした発見は感動をもたらします。

 

 

 

美しい自然と香りに包まれたネロリ体験レポートその2

のんびり寄り道しながら向かうネローラへの行程は、熊本南部の自然を感じるものになりました。

そうして、到着したのが、ネローラの作業場となっている小屋の前でした。すでに摘まれた花が綺麗に整理されてかごにつまっていて、それを丁寧に選別されていました。

花の選別
周りにはネロリの香りが満ち溢れています。

代表者の森田さんに案内されて、作業小屋の奥の畑に向かうことにしました。地元の皆さんが、花摘みをなさっています。

花摘み
周りには沢山の花が咲き乱れ、ネロリの強い香りが漂います。
甘夏の花
沢山の蕾と沢山の花が沢山ついています。
花摘み
丁寧にそれら一つ一つを摘まれています。

黙々と作業をされている皆さんにご挨拶をしながら、調度良い気候のここ、水俣の自然を楽しませていただきました。

 

 

美しい自然と香りに包まれたネロリ体験レポートその1

はじめまして、私は、ウェブ制作会社のデルタワークスの浅川と申します。この度、このネローラ花香房さまのサイトを作らせていただきました。このサイトを作る事で、ネロリの事を知ることとなり、花摘みツアーの取材ををしてまいりしたので、その体験記を掲載させて頂きます。

普段でしたら、この様に制作作者が、サイトの内容について記述することはありません。しかし、ネロリの事、それを作るネローラの皆さんのこと、そして素晴らしい環境のことなど、私なりに感銘を受けたのであえて、ご紹介したいと思います。

20140426-DSCF0104

ネローラの森田様からお電話いただいたのが数日前。

 「浅川さん。花摘みの時期が始まりました。甘夏の花が一面に咲き始めてます。一度見学においで下さいませんか?」

 「勿論、伺わせて頂きます。」

農園がある水俣まで事務所からは同じ県内でも70キロ程度離れています。当日は、朝早く見学したかったので、前日の夜から出掛けることにしました。途中の道の駅で車中泊。

それはそれで、普段事務所で缶詰生活の私にとっては、楽しい一時です。

早朝、目を覚ました私は、水俣までの行程で、少し寄り道することにしました。

熊本県南部は、平野が少なく、海に面した街が点在しています。その分、自然に恵まれのどかな場所は多く存在しています。九州の海沿いの田舎の景色が多く見られるのです。それらを楽しみたいと思ったのです。

 まず立ち寄ったのは御立岬公園。休日には家族連れでに賑わうことの多い公園です。

20140426-DSCF0072

 

遠くに対岸の山々が見えています。

その他のスポットの写真も御覧ください。

御立岬シンボル公園 芦北海浜総合公園

芦北海浜総合公園 芦北海浜総合公園

芦北大橋 津奈木近辺

 久しぶりの熊本南部地域ですが沢山の自然に囲まれ、美しい景観が望めめますね。それでは、続きはその2にてご説明します

foot bnr03
ネローラ 甘夏とネロリ
ネローラオンラインショップ
Go to top